全国発着!最安値2万円台からの沖縄格安ツアーはこちら

ハレクラニ沖縄までのアクセス!レンタカーで那覇からの5ルート【行き方と途中のおすすめ】

ハレクラニ沖縄 アクセス

こんにちは!シスコモです(*´▽`*)今回は那覇空港からハレクラニ沖縄までのアクセスを紹介します。

レンタカーでハレクラニ沖縄まで5つのドライブルートと、みちくさできる途中のみどころスポットもご紹介!

青い空と海を横目に走るドライブは爽快です。お気に入りの音楽♪を用意してめんそ~れ~!

ハレクラニ沖縄の位置

ハレクラニ沖縄は沖縄本土のほぼ真ん中に位置します。

ハレクラニ沖縄 アクセス

交通手段としては、タクシー、バス、レンタカーがあります。

ハレクラニ沖縄までバスでのアクセス

ハレクラニ沖縄 バス アクセス
写真:沖縄バスホームページより

バスは、那覇~名護を運航している「リムジンバス那覇空港線」が使えます。

国内線旅客ターミナル[那覇](バス)発で所要時間約2時間40分、料金は2,760 円です。

※ハレクラニ沖縄がオープンしていないので、リムジンバスのルートにはまだ入っていません。オープン後に情報を更新します。

空港リムジンバスのページ 

空港リムジンバスは、予約がなくても当日空席があれば乗ることができます。事前に乗りたい便のバス乗車券をインターネット・全国のコンビニで予約/購入することもできます。乗車券を購入しておくのが安心ですね。

・ベビーカーは折りたたんでトランクルームに入れてくれます。
・ペットも一応OKですが事前にバス会社に聞いた方が無難
・3歳未満はひざの上なら無料。席を使う場合は子供料金がかかります。

ハレクラニ沖縄までタクシーでのアクセス

ハレクラニ沖縄 アクセス タクシー

那覇空港からハレクラニ沖縄までタクシーで行くと、片道約11,410円です。(沖縄自動車道料金680円コミ)

所要時間は渋滞がないときで約1時間30分。

タクシーは高いように感じますが、2人で乗ると約5,705円/人、3人で約3,803円/人、4人なら約2,853円/人となるので、距離を考えると高くはありません。リムジンバスと同じくらいの値段になります。

でも北部までは距離がありますので、4人で乗るときは小さいタクシーだと少しキツイかもしれません。

空港でタクシーを拾えないときは…

那覇空港前にはタクシーがわんさか止まっていますので、タクシーを拾えないという事はなさそうです。しかし観光客が多いシーズンにはもしかしたら捕まらないことがあるかもしれません。そんなときは「ゆいレール」で国際通りあたりまで移動すると、いくらでもタクシーがつかまります。

ハレクラニ沖縄 アクセス ゆいレール

ゆいレールで那覇空港から国際通りの入り口「県庁前駅」までは大人260円、13分で着きますからタクシーを長く待つよりはいいです。那覇の街並みも見れるのでゆいレールでの移動もわるくないですよ。

ハレクラニ沖縄までレンタカーで行くアクセス

ハレクラニ沖縄へ那覇空港からレンタカーで行くルートは5つあります。所要時間の短いルートから、ルートの説明とメリットデメリットを紹介します。

【ルート1】
沖縄自動車道 経由
所要時間:1 時間(57.8 km)

ハレクラニ沖縄 アクセス 行き方 レンタカー

高速道路を使うイチバン早いルートです。

メリットはホテルに早く到着できること。

デメリットは沖縄らしい景色はほぼ見れないという事です。暗くなってから到着する飛行機で行くならこちらの最短ルートがおすすめです。

沖縄自動車道の伊芸サービスエリア(上り)では、沖縄料理の豆腐チャンプルーやアグーバーガーなどが食べられますよ。ホテルに着く前に小腹が空いたら立ち寄ってみては?

【ルート2】
沖縄自動車道 と 国道58号 経由
所要時間:1 時間 1 分(63.9 km)

ハレクラニ沖縄 アクセス 行き方 レンタカー

那覇空港から那覇市を通らずにいったん南の豊見城市へくだり、北上して沖縄自動車道~58号線に出るルートです。

メリットは、ホテルに早くつくこと、那覇市内を通過しないので通勤ラッシュの混雑に巻き込まれにくいという事です。

デメリットは自動車道を使うので沖縄らしい景色が楽しめないことです。しかし豊見城市~西原町までローカルな道を走るので、ルート1よりは沖縄らしい風景を見ながら走れます。

また本土の真ん中を通るので、夕方走っても海に映えるサンセットを楽しむことができません。(58号線にでるとすこし海岸線があります。とはいえホテルで思いっきり海は堪能できますが!)

【ルート3】
国道58号線経由
1 時間 17 分(54.3 km)

ハレクラニ沖縄 アクセス 行き方 レンタカー

那覇空港から一直線にハレクラニ沖縄まで伸びる、国道58号線のみを使うルートです。

メリットは、沖縄らしい景色を楽しみながらドライブができることです。那覇のまちなみから新都心→米軍の普天間基地の真横を通り、アメリカンビレッジの北谷町→戦闘機がみれる米軍の嘉手納基地を通って、美しい海岸線のヨコを通っていきます。

さらにこのルートには沖縄でイチバン人気の道の駅「 おんなの駅「なかゆくい市場」」、「お菓子御殿」などがあります。さらに海岸線を走っていくため、早めの時間に沖縄に到着し、沖縄らしさを感じながら時間を気にせずハレクラニ沖縄まで行きたいときにおすすめ。個人的にはイチオシルートです。

デメリットは、ラッシュ時(夕方4時~7時くらい)の那覇空港から嘉手納までのものすごい渋滞です。下手すると車がまったく動かないこともあります。

以前ラッシュ時に通ったときは、「おもろまち」から「北谷」まで3時間かかってしまっこともありますから、このルートは時間帯を考えて通るべきです。午前中~1時くらいまでに那覇空港に到着する飛行機なら、渋滞に巻き込まれにくいです。

 

【ルート4】
国道329号 と 国道58号 経由
1 時間 22 分(55.8 km)

ハレクラニ沖縄 アクセス 行き方 レンタカー

こちらのルートは58号線を途中から329号線に乗って、ハレクラニ沖縄まで行くルートです。

このルートはハッキリ言ってメリットもデメリットもありません。北谷まで行くのでラッシュ時の渋滞にはハマりますし、距離も58号線一本の時と大差ありません。

しいて言えば、よく知られている嘉手納基地のゲート2の前を通るので、基地の街の雰囲気をより知ることができるという事でしょうか。「沖縄は何度か来ているので、いつもとちがうみちを通ってみようかな」ってときは使ってみてもいいかもしれません。

【ルート5】
国道329号 経由
2 時間 24 分(96.4 km)

ハレクラニ沖縄 アクセス 行き方 レンタカー

5つ目のルートはいちばん時間のかかる、329号線のみでハレクラニ沖縄まで行くルートです。

メリットは、沖縄本島の東側の景色をたっぷり楽しめることです。西側を通る58号線がメジャーな道路ですが、東のルート沿いもまた一味ちがった沖縄の顔をみることができて味わい深いです。

金武町の独特な雰囲気を見ることができますし、その先の本島を横切る道は山道なのでシダの森など南国の植物を鑑賞しながら走ることができます。植物が好きな人にはたまらないコースですよ。

デメリットは、ホテルまで3時間近くかかってしまうこと。余裕のある旅ならこちらのルートをためしてみるのもいいかも。

まとめ

ハレクラニ沖縄までは旅にスタイルに合わせてアクセスをチョイスすることができます。電車がない沖縄なのでいずれにしても車での移動となりますが、それも沖縄らしいところ。

レンタカーで行くときは行きと帰りでちがうルートを選ぶのもいいですね。西側と東側では海の感じもちがって、沖縄のいろんな面が見れますよ。

では、ハレクラニ沖縄でのたのしい滞在を!